洗濯を楽にきれいに!仕分け・計量・ネットでしっかり汚れを落とす!

洗濯は家事の中でも頻度が多く、時間もかかるので、敬遠してしまいますよね。

かと言って汚れたまま放置すると汚れはさらにひどくなってしまいます。

そこで洗濯が億劫になってしまっているあなたへ、洗濯を楽にする3つのポイントをお伝えします。

洗濯物を仕分けする

洗濯ネットに入れる

洗剤量は汚れで判断する

この3つのポイントを守るだけで洗濯の作業が楽になるだけでなく、汚れ落ちもアップさせることができます!

本文ではそれぞれの作業で洗濯がどう楽になるかを説明していきます。

皆さんの日々の洗濯の助けになれば幸いです!

〈ここに内部リンク〉

同類の洗濯物を仕分けてまとめる

普段のお洗濯では脱いだもの全てを洗濯機に投入して洗っていませんか?

下着・上着・ズボン・タオル類と洗濯物の種類はたくさんあります。

それぞれに付着している汚れの種類も違います。

下着や肌着には皮脂、上着やズボンには埃や泥に食べこぼし、タオル類は汗。

汚れの強弱も様々です。

これらをひとまとめに洗ってしまっては洗剤量の調整も難しくなります。

一方は汚れが落ちても、もう一方の汚れが移ってしまうこともあります。

そこで汚れの強弱で洗濯物を仕分けするんです。

仕分けした洗濯物は洗濯ネットに入れましょう!

小分けすれば汚れ落ちと作業性UP

洗濯ネットに入れることで得られるメリットは2つあります。

メリット①

・洗濯物が絡まらず汚れが落ちやすくなる!

絡まって繊維がギュッと固くなってしまている部分に洗濯液は浸透できません。また落ちた汚れも水に漂わず洗濯物に戻ってしまいます。

メリット②

・脱水後の作業が楽になる!

複雑に絡まった衣類はバラしながら取り出す必要があり、無駄な時間が発生します。また伸びやすい衣類は無理に引っ張るとダメージも受けてしまいます。洗濯ネットに入っていれば取り出しが非常に楽です。

洗浄力と作業性がアップすることは日々の洗濯を行う上で心理的な負担を減らしてくれるのでとても大切な要素ですよね!

洗剤は汚れ量で判断、夏多めで冬少なめ

洗濯機は基本的に洗濯物の重量で洗剤量を判断します。

しかし重量が重くなる冬場の衣類には夏よりも多くの汗や皮脂が付着しているでしょうか?

違いますよね!

たくさん汚れが付く夏にこそしっかりと洗剤を使う必要があります。

水の量は洗濯物の10倍の量で設定すれば問題ありません。

夏場では洗濯機の最大水量で洗濯を行う時に分量通りの洗剤量を使用し、冬はその半分の量を目安に洗剤を使って行きましょう。

あくまで目安なので洗い上がりの状態を確認しながら、自分に合った洗剤量を見つけていくことも大切です!

洗剤残りを防ぐ為に、必ず洗濯機のすすぎ2回コースで洗う様にして下さいね。

今回ご紹介したポイントは部屋干し臭を防ぐ為にも押さえておきたいポイントです。

こちらの記事【漂白殺菌・お湯洗浄・四角ピンチハンガーで部屋干しに絶対失敗しない!】ではさらにプラス@のポイントをご紹介しています!

まとめ

手間も時間もかかる洗濯ですが、ちょっとした工夫で負担を軽減することができます。

でも楽した結果汚れが落ちないのでは意味がありません。

汚れ落ちを犠牲にしないこの3ポイントに注意して洗濯をやってみて下さい!

25分

おすすめの記事