【男の洗濯】梅雨の部屋干し臭ストレスを軽減するおすすめの洗濯方法!

洗濯は日々の家事の中でも頻度が多く負担が大きいですよね。

さらに梅雨になると乾きにくくなってよりストレスが増えます。

憂鬱な梅雨時のお洗濯をもっと簡単に、もっと楽にする為にはやり方に工夫が必要です。

ポイントは大きく分けて3つです。

①一回の洗濯量を減らす
洗濯量を減らすことで雑菌が増える前に撃退!乾かす時にスペースを広くとれるので乾き易さUP!
②お湯を使って石けん洗濯する
皮脂汚れに強い石けんと雑菌に強い過炭酸ナトリウムで徹底洗浄!お湯が更に効果を高めてくれます!
③脱水が終わったら30分以内に干す
雑菌は高い湿度が大好きです!エサを落としても油断しているとあっという間に増殖してしまいます!

梅雨時の洗濯方法に特別な道具は必要ありません。

本文では各ポイントを詳しく説明していきますので、しっかり覚えて梅雨時の洗濯ストレスを解消しましょう!!

1回の洗濯量を減らして洗浄効果と乾き易さUP

洗濯の回数は増えてしまいますが、1回の洗濯量を減らすことには色々とメリットがあります。

・洗うまでの放置時間が減って雑菌がより増える前に洗濯できる

・洗濯物の量が減るので洗剤の洗浄効果を維持し易くなる

・部屋干しする時にスペースを広くとれるので乾きやすくなる

部屋干し臭は繁殖した雑菌が出す排泄物が原因です。

雑菌を除去し、再び増える前に乾かし切ることで部屋干し臭を抑えることが可能になります。

しっかり洗剤を溶かした水に15分つけ置き

汚れは雑菌のエサになります。

特に皮脂汚れのタンパク質は菌の大好物です。

皮脂汚れを落とす為には衣類がこすれ合うことよりも洗濯液に漬け込むことの方が効果的です

特に石けん洗剤はアルカリ性で皮脂汚れに抜群に強いのでおすすめですよ。

生地の厚みで漬け込む時間は変える必要がありますが、デニム以外は15分程漬け込めば問題ありません。

漬け込みが終わった後はすすぎ2回でいつも通りに洗濯を行って下さい。

脱水後30分以内に干して雑菌を繁殖させない

雑菌は湿気を好みます。

そして洗濯終了後の洗濯槽内はまさに多湿な環境です。

エサとなる皮脂を除去し雑菌自体を減らしたとしても、残念ながらどちらもゼロにはなりません

僅かに残ってしまった雑菌はエサと湿度の高い環境でどんどん増えてしまいます。

きれいに洗い終わった洗濯物はできるだけ早く干し終えるのが重要です。

「30分以内」根拠は経験則になってしまいますが、過去に干し忘れて1時間ほど経過してしまった洗濯物は既に臭いを放っていました、、、

ですのでできるだけ早く!、とだけ覚えておいてください。

まとめ

憂鬱になりがちな梅雨時のお洗濯ですが、頻度・量・やり方を工夫すれば洗い上がりは良くなります。

綺麗な仕上がりを見れば憂鬱な気分も晴れますよね!

洗濯物も雑菌もゼロにはなりませんが、暗い気持ちだけはゼロにして洗濯を楽しい時間に変えましょう!

おすすめの記事