【男の洗濯】梅雨の部屋干し臭を防ぐには洗剤が多い方がいい?

部屋干しした洗濯物のイヤな臭いはとても気持ち悪いですよね。梅雨時だけでなく一年を通して部屋干し臭は発生してしまうものです。

部屋干し臭を防ぐには洗剤量を増やせば良いと考えるかもしれませんが、実は対策として不十分です。

部屋干し臭の原因は雑菌の排泄物で、雑菌の繁殖は洗濯終了後の乾かしている間に起こります

一番のポイントは雑菌のエサになる汗・皮脂汚れを徹底的に落とすことなんです。

洗剤を増やしただけでは汚れを落とす効果はあまり強くなりません。それよりもどう洗濯するかが大切になります。

汚れの量に見合った洗剤量を使い、たっぷりの水でしっかり洗い流せばほとんどの汚れは落ちるんです。

本文では部屋干し臭の原因と対策を紹介していくので、ポイントを押さえて部屋干し臭を防ぎましょう!

部屋干し臭は増殖した雑菌の排泄物が原因

臭いの原因は雑菌自体ではなくその排泄物なのです。

雑菌はどうしても衣類に付いてしましますが、雑菌の繁殖は高い温度・湿度という環境にエサがあると起こります。

温度と湿度のコントロールは何かと大変です。

常にエアコンや扇風機を作動させておくわけにもいきません。

そこでエサを除去する方が対策としては簡単です。

やり方を少し工夫することで汚れ落ちは簡単に改善します。

雑菌は残った汚れをエサに繁殖する

衣類汚れの何が雑菌のエサになるかと言うと、汗や皮脂に含まれるたんぱく質です。

たんぱく質は体を構成する主成分です。

汗を掻くと体の新陳代謝によって古い皮膚組織も一緒に衣類に染み込みます。

衣類汚れの9割はこうした目に見えない皮脂汚れなので、洗濯物は雑菌にとってまさに食べ物の宝庫庫の様なものです。

雑菌を繁殖させない為には、この栄養源である皮脂汚れを落とすことが重要なのです。

大切なことなので2度言いました!

皮脂汚れをどれだけ落とすかが部屋干し臭を防ぐことに直結するのです。

事前洗いや漬け込み洗いでエサを除去する

ではどう皮脂汚れを除去するかを説明していきます。

汗は水に溶ける汚れなので、洗濯前に水ですすぐだけで予め落とすことができます。

汗を吸い易い下着類は水で事前洗いをしましょう。

皮脂汚れ水では落ちません。

皮脂は酸性汚れなので、使用する洗濯洗剤は逆の液性であるアルカリ性のものが最も効果的です。

洗剤は良く溶かし、しっかり泡立てて洗浄効果を高めます。

用意できた洗濯液に洗濯物を10分ほど漬け込みます

ここまでできたら完了です。

あとは洗濯機の通常コースで洗いましょう。

洗浄自体よりも洗う前の準備がとても重要なのです。

まとめ

いつもの洗濯と比べて手間が増えてしまうことは確かです。

しかしこの方法で洗濯すれば部屋干し臭を大きく押さえることができます。

特に部屋干し臭の出やすい梅雨時には、手間を惜しまず洗濯することで爽やかな衣類を着続けることができますのでお勧めです。

是非挑戦してみて下さい!

おすすめの記事