【男の洗濯】洗剤を上手に使うには汚れの特性に注意することが大切!

洗い終わった直後や乾き終わった洗濯物の臭いを嗅いで、残った臭いに気付いた時の残念な気持ちはなんとも言えずイヤですよね、、、

せっかくお気に入りの服を着ていても、臭いが気になるのでは着たい時に着れません。

自分の服ならまだしも家族にまでイヤな臭いのついて衣服を着てもらいたくはないものです。

しかししっかり洗剤と柔軟剤を使っても、どうしてごまかし切れない不快な臭いが残ってしまうのでしょうか?

それは衣類についた汚れに効果のある洗剤を使えていないことが原因の1つだと考えられます。

汚れにはそれぞれ酸性・アルカリ性と液性があり、それを落とすには逆の液性を持つ洗剤を使う必要があります。

そうすることで汚れを中和して分解除去することができます。

衣類汚れの大部分は酸性の汚れの為アルカリ性の洗剤がよく効き、アルカリ性であればその逆と言うことになります。

本文では汚れの特性とそれに効果のある洗剤を詳しく紹介していきます。

上手に洗濯して、臭い残りにおさらばしましょう!!

染み込んだ汗や皮脂が汚れの9割を占める

衣類汚れと聞くと皆さんは何を思い浮かべますか?

多くの人はミートソースやコーヒー等、飲食物によってできる物が衣類汚れだと思ったのではないでしょうか!

でも実はそんな汚れは僅か過ぎません。

なんと衣類汚れの9割を占めるのは汗や皮脂などの目に見えない汚れなのです。

季節によって汚れの量は変わりますが、汗と皮脂は年間を通して衣類に付着し続けます。

そして汗はpH5.7~6.5、皮脂はpH4.5~6.0で共に弱酸性です。

つまりこの汚れを落とすにはアルカリ性の洗剤を使うのが最も効果が高いことが分かりますね!

販売されている合成洗剤の多くは中性のため、酸性の洗剤よりは効果がありますが、アルカリ性の洗剤と比べるとイマイチです。

そしてアルカリ性の洗剤の代表と言えば石けんです。

石けんにもいろいろ種類がありますが、そのすべてがpH9~11の弱アルカリ性になっています。

汗と皮脂のしみ込んだ衣類の洗濯には石けん洗剤が一番効果的です!

目に見える汚れは僅かに過ぎない

残り1割の汚れがこれらにになりますが、割合が低いのに存在感は抜群ですよね(笑)

これらの汚れも放っておくわけにはいきません。

では目に見える汚れ達はどんな液性を持っているのでしょうか?

代表的な汚れとしてお醤油、ケチャップ、コーヒーのpHを見てみましょう。

お醤油はpH5前後、ケチャップはpH4前後、コーヒーはpH5前後、と全て弱酸性です。

つまりは汗や皮脂と同じくアルカリ性洗剤の石けんでよく落ちるのです。

タバコ臭には酸性洗剤で対応

まとめ

おすすめの記事